2006年12月10日

マッキンゼー式 世界最強の仕事術・・・僕たちの仕事に役立つか? 役立つこともある

マッキンゼーは経営の難題をどう解決するか。

戦略系コンサルティングファーム・マッキンゼー&カンパニーの選び抜かれたコンサルタントたちは、難題を抱えるクライアントの経営問題をいかに考え、解決に導くのか。

そのベールに包まれた思考法やテクニックの詳細が明かされる……と言っても、この手のコンサルタント会社と一緒に仕事をすれば、有る程度のことは分かります。

とにかく、彼ら/彼女らの仕事量は半端じゃありません。

作ってくる資料の量といい、インタビューの時間といい、会議といい、とにかく(質はともかく)量は半端じゃない。

そこで、マッキンゼー式の仕事が我々、普通の(コンサルタント会社ではない)会社でも役立つか、なのだが、これが役立つ。

特にときおり、社内で降って湧いたような「タスクチーム」とか「組織横断プロジェクトチーム」などに(幸か不幸か)参加する羽目になった場合は、とても有効な方法だ。


その時にやる仕事と言えば「事実の確認」と「分析」と「仮説」と「行動」、「評価」だ。これはまさしく、マッキンゼー式だと言えるだろう。(これは治験でも一緒だけどね。)


……ということで、コンサルタント会社と一緒に仕事をしたことが有る人はうなずきながら、そうでない方は「へ〜〜なるほどね」ということで、この本をどなたも一読されることをお奨めします。

きっと、得るものが有るはずなので(得るものが無い方は、それだけスキルを積んでいる方でしょう)。



マッキンゼー式世界最強の仕事術





マッキンゼー式 世界最強の仕事術





マッキンゼー式世界最強の仕事術

マッキンゼー式世界最強の仕事術


posted by ホーライ at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書(上級者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

成約率が20倍になった「セールスレター」の秘密―誰でもカンタンに「儲かるホームページ」を作れる方法とは?

▼読むだけで、あなたのホームページの成約率が変わります。

この書籍では、国内第一級として知られるインターネットマーケッターと、「言葉の魔術師」と呼ばれるマーケティングコンサルタントが共著で執筆し、ホームページの成約率を2倍~20倍にアップさせたセールスレターの実践的ノウハウを一挙公開致しました。




▼本書の内容の一部を紹介すると...

・売れるホームページと売れないホームページの違いとは?

・ガンガン注文の増えるセールスレター型ホームページとは?

・セールスレター型でなければならない7つの理由

・セールスレターでは何を売っているのか?

・セールスレターの核となる「売れるコンセプト」の作り方

・セールスレターの基本パーツとは?

・セールスレターの「場」とは何か?

・思わず買いたくなる「場」の演出テクニック

・心理学/NLPを応用した反応率アップの文章術




▼読むだけで、あなたのホームページの成約率が変わります。

さらに、確実に一歩を踏み出すために、今のあなたの立場ごとに取り組む内容を掲載。

本書を読むことで、あなたは「セールスレター」というあらゆるビジネスに使える強力なノウハウを知ることになるでしょう。


セールスレターで結果を出すためには、どうすればよいのか?

インターネットビジネスの「本質」の理解、セールスレターの核となる「コンセプト」の作り方、成功を手に入れるためのセールスレター・ライティング法を解説する。


・・・とかとか。そうか、なるほどね。


成約率が20倍になった「セールスレター」の秘密







成約率が20倍になった「セールスレター」の秘密―誰でもカンタンに「儲かるホームページ」を作れる方法とは?







仕事の達人になる方法

極めつけの『ホーライ・ブックセンター』

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

音楽が無ければ始まらない

posted by ホーライ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススキル(中級者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本一やさしいネットの稼ぎ方―ネットで稼ぎ続ける人は何が違うのか

日本一のネットビジネスコンサルタントが、ネットで稼ぐための鉄則の数々を大公開。

大成功を収めた2人のクライアントのストーリーを通して、業績アップのポイントをステップごとに徹底解説する。


いまや情報起業家ではトップクラスの方が平賀さんのアドバイスを受けながら月収15万円から100倍を稼ぐようになっていく過程を分かりやすく話されています。

電話でのアドバイス中心で、両者の会話の間に平賀さんが頭の中でつぶやいている内容も書かれています。

ですので商材を制作して、ホームページを作っただけでは稼げないことに気づきます。


そして、では何をどのようにすればいいのかの概要が理解できるようになります。

読んでいくとゼロの状態から情報起業して儲けるまでの全体像が見えてきます。


平賀さんがアドバイスをしていくときに、相手の反応に対してどんなことを考えながらアドバイスとして話をするのかが書かれているので、これから情報起業しよう、副収入を得たいそんな方におすすめです


日本一やさしいネットの稼ぎ方






日本一やさしいネットの稼ぎ方―ネットで稼ぎ続ける人は何が違うのか






仕事の達人になる方法

極めつけの『ホーライ・ブックセンター』

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

音楽が無ければ始まらない

posted by ホーライ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススキル(中級者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは

著者は米国のダイレクトマーケティングの世界で大きな成功を収めた人物だ。

カタログ販売やテレビのショッピング番組で売り上げを左右するのは言葉の力だと言う。

たった1つの表現、説明の順序、力点の置き方を工夫するだけでセールスの成績は劇的に上がると言い、そのノウハウを30のポイントに絞って明かす。



また、通信販売のみならず、人的販売の現場でも応用できるように解説を加えていく。

手ごわい顧客の心を動かし、ついには購買を決めさせてしまう「心理的トリガー(引き金)」の存在を見極めろと指南する。



“引き金”の1つが「一貫性の原理」だ。

ある商品本体と付属品を売りたい場合、まずはシンプルに本体のみの購入を促せという。

セットの価格には二の足を踏んでいた顧客も、本体を買うと決断した瞬間から一貫した購買行動を取ろうとする心理が働く。

結果として「ついで買い」には寛容になると解説。

また、商品に欠点がある場合は、最後に明かすのではなく、真っ先に伝えてしまうと案外納得してもらえると言う。



そのほか「顧客はまず商品を感覚で納得し、その後に理屈を求める」「その商品を既に所有する人々を魅力的に語って、『帰属欲求』を満たしてやれ」など、ユニークな助言が続く。


「マーケティング」に興味のある人は必読。

30の項目の中でも、下記の3つは、特に重要。

■「感覚」

・アメリカ
・米国
・America
・USA

意味は全部一緒でも、全然、感じ方が違いますよね。
この感覚の違いを認識していることが、超、重要!



■「一貫性の原則」

人間は、一度、こうすると決めて行動を開始したら、それをし続ける。
つまり、少量でも買わせてしまえば、あとはそれを買い続ける。



■「単純明快さ」

人間は、シンプルなことでないと理解できない。
・「1日1錠、この薬を飲む」は覚えていられるが、
・「3日間は1日1錠、次の4日間は1日2錠」は覚えていられない。



う〜ん、久しぶりのマーケティング本の良書!



シュガーマンのマーケティング30の法則





シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは







仕事の達人になる方法

極めつけの『ホーライ・ブックセンター』

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」

ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)

ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)
  
架空の製薬会社「ホーライ製薬」
posted by ホーライ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススキル(中級者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

この本の英語版が日本で5万円もの高値で売買とか。


営業マンは、ゼロ人。

いっさいの対面販売なしで、まさに“宣伝文だけ”で売りに売ったシュガーマンの特別なテクニックと、思ったとおりに相手に読ませ、信頼させる文章術のエッセンスを一冊の中に凝縮。

日米のマーケターの間で伝説化されている(とか)本書の著者、シュガーマンこそ、腕時計・サングラス・家電品等あらゆるものを通販で売り、莫大な富を築くことに成功した本物のカリスマだ(そうだ)。

シュガーマンの成功理由は、大金を投じた宣伝力にも、際立った商品力にもない。
彼の書いた文章に「爆発的な集客力」があったからなのだ。


シュガーマンが莫大なコストをかけて身につけ、彼のセミナー受講者が大金を払って学んだ、売るための文章術とマーケティング上の貴重なノウハウが、本書を読むことによって周囲の誰よりも早く身につくだろう。




最後まで読ませ、信頼させるお客を爆発的に増やす、コピーライティングの極意。

あらゆる宣伝、販促文、通信販売、インターネット広告、プレゼンテーションに応用できる。

全米No.1のセールスライターのセミナーを本にしている。

通販業界での著者のノウハウをセミナーに、内容をそのまま本になった。

「コピーラインティングとはメンタルな作業である。」と言い切っている。
ちょっとしびれる。


まず根本的に知っておかなければならないノウハウを、知識、説得力、成功、読ませるなどなど章立てごとにまとめてある。
加えて、44のテクニックとして、論理的な22のテクニックと心理的な22のテクニックとして公開。

・みんな権威を重んじていて、なおかつ間違いたくない。
・グループに属したい
・人類には収集の本能が生まれながらある
などなど。


さすがはコピーライティングの世界で第一人者だけあって、文体に引きこまれまする。



10倍売る人の文章術





全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術






仕事の達人になる方法

極めつけの『ホーライ・ブックセンター』

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」

ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)

ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)
  
架空の製薬会社「ホーライ製薬」


posted by ホーライ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススキル(中級者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

「続ける」技術、続けるという才能

英会話学習、各種試験勉強、日記・手帳術、禁煙、ダイエット......。

世の中、継続しなければ意味がないものばかり。

しかし、「長続きさせる」って、なかなか難しい。

いつまでたっても目標達成できずに、挫折感を味わうだけ。



本書は「続けるためには続けやすいように徹底的に条件・環境を整えるのがコツ」といういわば当たり前のことが書いてある本です。


でも,誰もが感覚的にわかっていることでも,それを整理して一般化するということは, いろんなことに応用が利くようになるという意味で大変有意義です。


そういう意味でこの本は,私の生活を向上させてくれる実用書でした。

まず,本当に続けたいのか,自分自身に問いかけることが大切である というスタート時点のポイント一つとっても,実践的なアドバイスですよね。


俳句の先生に「俳句を作るうえで一番大切な才能はなんですか?」と聞いたら「続ける、という才能だ。」と。しみじみ。。。。。


「続ける」技術





「続ける」技術







仕事の達人になる方法(サイト版)

極める!「ホーライ・ブックセンター」

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

音楽が無ければ始まらない

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」
posted by ホーライ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書(初心者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

「あとでやろう」と考えて「いつまでも」しない人へ―「のろま」でなくなる仕事術

「サービス残業」、「会社人間」、「完ぺき主義」…こんな働き方を評価する日本の社会が、「のろま」人間を生んでいた!? 

しかし成果主義時代では、スピードと効率がなくては生き残れません。

本書では、知らず知らずのうちに身についてしまった「のろま」の習慣をなおし、厳しい時代を勝ち抜く仕事術を紹介します。
 

精神科医であり、勉強術・仕事術のエキスパートでもある和田秀樹氏の新刊です。


仕事が遅い「のろま」の人から、人生の夢への着手ができない「人生のろま」の人まで、本書をきっかけにして「やる」ということの意味を身体で覚えてもらえれば、本書を読むために投じた時間とお金は必ず回収できると自負しています。


何が起こり何が成功するかわからない今の時代を考えるにつけ、そう確信します。


わかっちゃいるけど、すぐできない!(トホホホホ・・・・)



目先の仕事も、人生の夢も、気がついたら歩みを止めている「あなた」に贈る、ドクター和田の心のお薬。





「あとでやろう」と考えて「いつまでも」しない人へ





「あとでやろう」と考えて「いつまでも」しない人へ―「のろま」でなくなる仕事術








仕事の達人になる方法

極めつけの『ホーライ・ブックセンター』

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

音楽が無ければ始まらない

posted by ホーライ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書(初心者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「売る」仕組みのつくり方 起業家のための社長学 第3部 戦法[営業・マーケティング]編

■社長の本当の仕事は「売る」仕組みをつくること

あなたは、口コミ販促率【87.5%】と聞いてどう思うでしょうか?
「すごい数字だ!」
「そんな数字は、ありえない。」
と思うでしょうか?



2000人以上の経営者から熱烈に支持を受けるカリスマコンサルタント、青木仁志は「経営者が「売る」仕組みをしっかりとつくりさえすれば"口コミ"はつく
ることができる」と話しています。

『起業家のための社長学』最終章となる『「売る」仕組みのつくり方』には驚異の口コミ率をつくる秘訣をはじめ、数々の「売る」仕組みが余すところなく
網羅されています。

「売る」ための秘訣が全て網羅されているこの本を読んであなたの組織にあった最強の「売る」仕組みをつくりましょう!


こんな仕組みがあったのか!―2000人以上の経営者が熱烈に支持。「売る」プロが明かす、最強の売り方・売る仕組み。


驚いた! 


『起業家のための社長学』第1部戦略(理念経営)編と、第2部『小さな会社で大きく儲ける法』 戦術(実務・マネジメント)編を読み継いで、完結編へときたわけだが、すごい仕組みに目からウロコがぼろぼろこぼれた。

1冊ごとにパワフルになっていく構成上の仕組みもすごい(笑)! 

小さな会社でも仕組み次第でどんどん稼げるアイデア満載で、この本が日本の経済を押し上げる起爆剤にもなったりして……。

経営者と言わず、起業家と言わず、ともかく一読の価値あり。


最近読んだビジネス書の中では出色の出来です!





「売る」仕組みのつくり方









「売る」仕組みのつくり方 起業家のための社長学 第3部 戦法[営業・マーケティング]編








仕事の達人になる方法

極めつけの『ホーライ・ブックセンター』

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

音楽が無ければ始まらない



posted by ホーライ at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書(上級者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小さな会社で大きく儲ける法 起業家のための社長学 第2部 戦術[実務・マネジメント]編

企業に不可欠なヒト・モノ・カネのマネジメントはこれだ!
自分の才能・能力をベースにした職人型経営の決定版。


仕組みを変えれば儲けることは簡単だ。

売上10億、社員50名、経常利益2億円までの小さな会社のお金のこと、商品のこと、人のこと、すべて教えます。


第1部の『起業家のための社長学』第1部戦略(理念経営)編が出、読んだ時から第2部の発刊を楽しみに待っていたが、内容は起業家にとっても、すでに経営の第一線で戦っている社長さんにとっても、実践的、実務的で、さらにエキサイティングしてきた感じがする。

ビジネス書という枠を超えて、はっきり言って面白かった! 

人材教育のエキスパートがここまで手の内を明かしてくれているのだから、文句はないだろう。

経営者もいろいろだが、一人でも多くの経営者に読んでもらいたい価値ある一冊。



小さな会社で大きく儲ける法




小さな会社で大きく儲ける法 起業家のための社長学 第2部 戦術[実務・マネジメント]編







仕事の達人になる方法

極めつけの『ホーライ・ブックセンター』

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

音楽が無ければ始まらない
posted by ホーライ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書(上級者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本一メルセデス・ベンツを売る男―ザ・トップセールス 吉田満の販売術

年間160台! 累計2000台以上!

2日に1台メルセデスを売る男がいた。

ノーネクタイ、顔はひげ面。

しかし、セールスは超一流。

顧客の心を虜にする秘密とは。

その破天荒なライフスタイル。


後書きでメルセデスのTOPセールスマンの吉田さんが言っている「メルセデスのサービスにはマニュアルが通用しない」という言葉。


誰もが最上と認める商品だからこそ、買う方の顧客の拘りも半端ではない。

こういうタフな顧客を相手に販売台数という量を稼ぐために氏が徹底的に拘ったのは「顧客に忠実であること」。

携帯電話は24時間対応、ファッションにも拘り「この人から買いたい」と思わせるスタイルを持ったセールスマン。

客と同じ目線を持たなければ高級車のTOPセールスは張れない。


なかなかの迫力本だ。


トップになる人は、揺るぎないスタイルを持っている。

一番売る人はこういうスタイルなんだと知っておくことに損はない。


かっこいいかな。




日本一メルセデス・ベンツを売る男






日本一メルセデス・ベンツを売る男―ザ・トップセールス 吉田満の販売術







極めつけの『ホーライ・ブックセンター』

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」

ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)

ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)
  
架空の製薬会社「ホーライ製薬」


posted by ホーライ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書(中級者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする