2014年04月04日

一番大切で厳しい教訓

One of the toughest lessons to learn is this:
No one is responsible for your life but you.




一番大切で厳しい教訓:自分の人生の責任は自分しかとれない。

**********

自分の人生を他人任せにしている人って多い。

この人生はリハーサルではない。

まさに本番なのだ。

この人生の監督は他人? 自分?


いい種を蒔けば収穫も素晴らしいが、悪い種を蒔けば収穫は期待できない。

他人任せにすれば、それは気が楽だ(ほんの束の間)。

でも、最後に気づく。

これは自分の人生だったのだ、と。


posted by ホーライ at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事への心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超多忙の人がすっきり!「時間管理」

ここでは仕事の基本「時間管理」の上手な方法・コツを紹介しています。


■仕事の基本●1.時間管理の基本

1 基本的戦略が確立されていること

2 予定を組む

3 やるべきことを書き留める

4 前日の終りに次の日の準備をする

5 考えてもしかたのないことは考えない

6 スピード処理による時間管理をする

7 常に「今、一番うまく時間を使っているか」自問自答する

8 時間管理のテクニックを身に付ける

9 中心思考の活用

10 いまやるべきか確認する

11 その場で結論を出すことができるときは、その場で決定する(その場主義)

12 焦らず、長期的に最大効果が出るように

13 頭を使う

14 効率的行動をする



■解説

ベンジャミン・フランクリンは時間の大切さについて、次のように述べている。

「生命を愛するなら時間を浪費するな。時間こそ生命を作り上げる原料である」

1日の時間は誰にとっても24時間だが、これをダラダラと非効率的に使うか、テキパキと能率的に使い切っていくかで、何ヶ月後あるいは何年後かには、たいへんな差が生まれる。


posted by ホーライ at 04:24| Comment(1) | TrackBack(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。