2006年12月10日

頭をやわらかくする方法

1 戦略と戦術の区別がついていること

2 一つの方法にこだわらない

3 力まず軽快に

4 こう着状態になったら転換をはかる

5 手段を多く持ち過ぎない

6 手段が少な過ぎてもいけない

7 的確な状況把握ができている

8 先手の思考をする


-------------------------------


<解 説>

世の中の変化は激しい。
価値観も多様化している。
このような世の中で成功するには、基本となる戦略を確立することが重要であると同時に、常に臨機応変に対応する、しなやかな思考力を身につけることが、きわめて重要になってくる。



<ポイント>


1)戦略(基本方針)はころころ変えてはいけない。戦術的(戦略達成の方法)面は状況変化に臨機応変に対応しなければならない。このあたりの違いがわかてきて初めて、その人の柔軟性が出てくるものである。

2)いくつかの手段を用意しておく。

5)マスターしていない手段はむしろ足手まとい。多過ぎると、どれを使うか(一瞬の)迷いが生じる。

6)状況にマッチした手段がないと、最善手が打てない。

7)臨機応変に対応するための基盤は正確な状況把握。

8)次はどうするとか、次の話題を早目に考えることで、柔軟な対応が可能になってくる。




posted by ホーライ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書(中級者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。