2006年12月10日

発想する技術「独創的な発想を生むスタンス 」

1 論理的に考える時間をまず十分とり、問題を煮詰めておく

2 複雑な問題はあらかじめ論理的思考によりポイントを絞り込んでおく

3 問題点を正確に把握する

4 現場で顧客と直接接触する

5 本質的かつ単純な基本問題にさかのぼる

6 奇妙な現象は見逃さない

7 不可能と思われることについては、その不可能にする要因を探求する

--------------------------------------------

<解 説>

独創的な発想が生み出される過程を分析すると、下記の3つの段階があることがわかる。

 全体手順;

1.問題意識(左脳)を持つ
2.ヒラメキ(右脳)が生まれる
3.論理的検証(左脳)をする

問題意識を研ぎすますことが、独創的な発想を生むための第一歩。



<ポイント>

4)メーカーなら販売のすべてを代理店にまかせるのではなく直接売る機会を持って、顧客ニーズ(不便、困ったこと)を探る。

5)本質的かつ基本的問題までさかのぼっていないうちは、問題を十分理解したとはいえない。




posted by ホーライ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススキル(上級者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29347995

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。