2006年11月23日

論理的な話し方が面白いほど身につく本―伝えたいことを相手にわかりやすく上手に話す基本スキル35

論理力が身につき、自分に自信が持てるようになる一冊!

現代はグローバルな情報化の時代であり、「言いたいことをきちんと伝えなくてはいけない」時代になったと、ディベート実践者である著者は言う。

特にビジネスにおいては軽率な言葉を口にできない分、整理された正しい情報を相手に伝えなくてはならない。

上司への報告や会議、企画立案からプレゼンテーション、交渉に至るまで、論理的に考え、わかりやすく伝えるコミュニケーション技術は、ビジネスの基礎であり必要不可欠である。
 

「論理的に話す」と言っても、社会に出るまでにそのためのトレーニングをしたことがある人は少ないだろう。

しかし、もし目上の人から「君の話はわかりづらいから、もっと論理的に話してみろ」と言われた時、本書で挙げられている技術を参考にしていただきたい。

論理力を身につければ、言葉に説得力が生まれ、ひいては自分に自信を持つことができるに違いない。



本書は図がふんだんに使用されているため読みやすいだけではなく、【入門編】【基本編】【実践編】【応用編】と細かく分かれており、段階的に技術をしっかりと習得できる。

また巻末には「論理的な話し方をするための心がまえ」「セルフ・ディベートを用いた提案・説得のプロセス」と題して本書のポイントがまとめられた折り込みがあり、「論理的に話す」ことに苦手意識を持っている人に優しい一冊である。


論理的な話し方が面白いほど身につく本―伝えたいことを相手にわかりやすく上手に話す基本スキル35






仕事の達人になる方法(サイト版)

極める!「ホーライ・ブックセンター」

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」

ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)

ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)
  
架空の製薬会社「ホーライ製薬」





posted by ホーライ at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書(初心者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相手に喜ばれる「電話の受け方・かけ方」 基本マナーからクレーム処理まで64のポイント

お客様の心をつかむ、「感じのいい」電話応対には法則がある! 

数々の企業・団体を指導してきた著者が、実践的なスキルを具体的に解説。

お客様の心をつかむ、「感じのいい」電話応対には法則があります。

本書では、数万人が受験する「全国電話応対コンクール」の審査員を務め、話し方・聞き方の専門家である著者が、ビジネス電話に必要なテクニックを解説します。

“落ち着きがない相手には「お忙しいと存じますので」と切り出す”“ベルが三回以上鳴ってからとったら「お待たせいたしました」”“事務的な話し方は相手に不快感を与える”“「ごめんなさい」と謝ることがクレーム処理の第一歩”……。

基本的なマナーから営業電話、クレーム処理まで、それぞれの状況における応対実例を豊富に掲載。

どんなときに、どのように対応すればいいのかがよくわかります。

模範的な応対だけでは、相手に不快感を与えることはなくても、喜ばれることはありません。

気の利いたワンフレーズをプラスして、「かゆいところに手が届く」と思われる電話応対のポイントをアドバイス。



相手に喜ばれる「電話の受け方・かけ方」 基本マナーからクレーム処理まで64のポイント PHP文庫







仕事の達人になる方法

ホーライ・ブックセンター

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」

ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)

ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)
  
架空の製薬会社「ホーライ製薬」


posted by ホーライ at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書(初心者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入社3年までに習慣づけるスケジュール&時間管理

入社3年までに習慣づけるスケジュール&時間管理




いつも時間が足りない、残業ばかりで自分の時間がない…。

そんな悩みを持つ人に読んでほしい「時間の使い方」の決定版!

仕事内容も考え方も違う私たち1人ひとりには、それぞれに最適な時間の使い方があるはず。


そんな「自分の時間管理法」を見つけるために、基本となる考え方・知っておくとよいコツが盛りだくさん。

これ1冊で、時間管理のすべてがわかる本。


一所懸命に働いているのに、成果が出ないのなら、その原因は、あなたの時間の使い方にあるのかもしれない。

一人ひとりの「そうだったんだ!」が見つかる、超シンプルな“考え方”と“コツ”。



図解なので、とても分かりやすい。これで駄目なら、駄目かも。。。。。





仕事の達人になる方法

ホーライ・ブックセンター

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」

ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)

ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)
  
架空の製薬会社「ホーライ製薬」



posted by ホーライ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書(初心者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中心・骨組みで考える

1 必死にものごとを単純化する努力を払っているか?

2 ものごとのポイントを把握しているか?

3 全体を把握しないで、中心をとらえたつもりになっていないだろうか?

4 違うものの観察の中から共通事項を発見できるか?

5 戦略思考が身についているか?

-------------------------------------------

<ポイント>


2)枝葉末節に気を取られない、重要でないものは大胆に切り捨てる。

4)共通事項が多くの場合基本的、中心的事項になる。

5)行動にあたって、自分の本来の目的がハッキリしているか?相手の目的・狙いが何か、とらえているか?





■仕事の達人になる方法・仕事の達人への道
http://www.geocities.jp/bz_master2006/


■極めつけのホーライ・ブックセンター
http://astore.amazon.co.jp/horai46-22


■お奨めビジネスグッズ・ツール・情報等(ブログ版)
http://horai-biz-goods.seesaa.net/


■ホーライ総合情報・サービスショップ(ブログ版)
http://horai-shop.seesaa.net/


■ショッピングサイト横断「ホーライ総合ショッピングモール」
http://ichiba.geocities.jp/horai_shopping_moll/


posted by ホーライ at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススキル(初心者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

書類チェックのしかた

1 部・課の戦略にポイントを置いて読む

2 問題点はどこかに集中して読む

3 主張点を裏付ける証拠あるいは理屈がどこにあるのか注意して読む

4 書類の内容と競合するもの、比較対照となるものを頭に置いて読む

5 抽象的な内容に対しては具体的なイメージを描きながら読む

6 書き手の立場と希望を理解して読む

7 自分で実践するにはどうしたらよいのか、という観点から読む

8 メリットはどこにあるのか探りながら読む

9 今後のスケジュールに関して最終的に確認しながら読む

-------------------------------

<解 説>


体裁よくまとめられた書類は、もうそれで完成された欠点のない文書のように思い込みやすい。
しかし、上記の1〜9の視点から点検すれば、さまざまな問題点が浮かんでくる。




<ポイント>

1)部なり課の戦略とは、メンバーの合意により成る目的、基本方針といったもので、状況が変化しても容易に変えない、決心覚悟を伴ったものである。

4) 絶対的なスケールでよい悪いというのではなく、世の中でどこまで通用するものか考える。例;新しい物質の開発に関する書類であれば、それがどれだけすばらしいかということだけでなく、従来品とどう違うのかに焦点を当てて読む。

6)内容を鵜呑みにし、無条件に信用してはならない。

9)いつ、誰が、何を、どのようにするのか。



ホーライ・ブックセンター

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」

ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)

ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)
  
架空の製薬会社「ホーライ製薬」



posted by ホーライ at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススキル(初心者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

仕事の確認のしかた

1 話し合いであいまいな所を残さない

2 話のズレを直す

@ 社・部・課の戦略的面についての確認をする

A 前提条件の確認をする

B 問題意識・危機意識のズレを確認する

3 抽象的な話は、具体的に確認する

4 内容が複雑な場合は実物を見せてもらう、あるいは体験させてもらう

5 評価領域の事柄も具体的に確認する

6 定期的なものは定量的に確認する

7 相手の狙いを確認する

8 今後のスケジュールを確認する


-------------------------------

<解 説>

日本人の会話は、主語を省略することが多かったり、結論に含みを持たせたり、「あれ」「それ」という指示代名詞を多用したり・・・と、あいまいさを多分に残しやすい。「危ないな」と感じたら、話がこじれる前にチェックしておくといい。それを面倒がって省いていると、気がついたときには修復困難なほどのギャップが広がってしまう。



<ポイント>

1)少しでもあいまいな箇所があれば、即座に質問する。さもないとあとで確認しづらいことが多い。

2)Aお互いに当然のこととして確認していないところにズレがあることが多い。

  B相手は問題と思っていないかもしれない。特に危機意識については、相手はそれほど逼迫感を持っていないかもしれない。




ホーライ・ブックセンター

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」

ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)

ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)
  
架空の製薬会社「ホーライ製薬」


posted by ホーライ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススキル(初心者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事の確認のしかた

1 話し合いであいまいな所を残さない

2 話のズレを直す

@ 社・部・課の戦略的面についての確認をする

A 前提条件の確認をする

B 問題意識・危機意識のズレを確認する

3 抽象的な話は、具体的に確認する

4 内容が複雑な場合は実物を見せてもらう、あるいは体験させてもらう

5 評価領域の事柄も具体的に確認する

6 定期的なものは定量的に確認する

7 相手の狙いを確認する

8 今後のスケジュールを確認する


-------------------------------

<解 説>

日本人の会話は、主語を省略することが多かったり、結論に含みを持たせたり、「あれ」「それ」という指示代名詞を多用したり・・・と、あいまいさを多分に残しやすい。「危ないな」と感じたら、話がこじれる前にチェックしておくといい。それを面倒がって省いていると、気がついたときには修復困難なほどのギャップが広がってしまう。



<ポイント>

1)少しでもあいまいな箇所があれば、即座に質問する。さもないとあとで確認しづらいことが多い。

2)Aお互いに当然のこととして確認していないところにズレがあることが多い。

  B相手は問題と思っていないかもしれない。特に危機意識については、相手はそれほど逼迫感を持っていないかもしれない。




ホーライ・ブックセンター

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」

ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)

ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)
  
架空の製薬会社「ホーライ製薬」


posted by ホーライ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススキル(初心者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上司からの指示・命令を聞く時のポイント

1 部・課の戦略にポイントを置いて聞く

2 問題はどこかに集中して聞く

3 抽象的指示・命令には、具体的説明を求める

4 上司の狙いはどこにあるのか把握

5 あいまいな箇所はその場で確認する

-------------------------------

<解 説>

同じ指示・命令を受けても、
@ そのとおりに行動できない部下
A 言葉どおりの範囲に受けとめて行動するが、それ以上のことはやらない部下
B 上司の意図までつかみ、任された範囲で適宜応用してベストと思われる解決をする部下
・・・と、部下のタイプはさまざま。Bまでやって、はじめて上司は認めてくれるものだ。


<ポイント>

1)戦略が分かっていなければ、とんでもない誤解をすることもあるだろうし、上司としても指示・命令が正しく伝わったのか非常に心配になってくる。

2)戦略上の問題点を的確につかむことも、上司の指示を正しく把握する上で重要である。

4)上司の立場と希望から来る狙いを明確に捉えておくこと。狙いがわからずに、指示・命令がわかったと思ってはいけない。ただし、ここでは、部・課の戦略が先行することは、言うまでもない

5)とくに具体的に、どこまで行動を起こすかについては、確認しておく。
ただし、この場合の基本は、部・課の戦略を達成するために、ベストと思われる範囲であることを認識しておくこと。指示・命令を受けたあと緊急的状況変化も起こり得る。



■極めつけのホーライ・ブックセンター
http://astore.amazon.co.jp/horai46-22


■お奨めビジネスグッズ・ツール・情報等(ブログ版)
http://horai-biz-goods.seesaa.net/


■ホーライ総合情報・サービスショップ(ブログ版)
http://horai-shop.seesaa.net/


■ショッピングサイト横断「ホーライ総合ショッピングモール」
http://ichiba.geocities.jp/horai_shopping_moll/


posted by ホーライ at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススキル(初心者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

報告書の書き方

1 結論は先に


2 誰のために何を書くのか―――を明示


3 内容は簡潔に、構成はスッキリと


4 5W1Hを忘れずに


5 わかりやすく、くどくならない


6 イメージで分かるように;図、写真の利用


7 競合するものとの比較を示す


8 問題のありかを明確に示す

@ 従来の問題点はどこにあったか?

A 今回、問題解決はどう行なったのか?


9 今後の展開についても述べる

@ 具体的スケジュール

A 応用可能性

B 今後の問題点と対応


10 事実と意見を明瞭に区別して書く


-------------------------------------

<解 説>

報告書は、タイムリーに、正確に、要領よくまとめられ、すみやかに報告先まで伝えられて、必要な手が打たれなくてはならない。そのためには、「報告書を作ること」それ自体が目的であるような体裁の整った、分厚くてカッコのいいものは、特殊な場合を除いて必要ではない。




<ポイント>

2)部、課の戦略との関連は?


3)レポートは1枚で、簡潔に示す。


4)Who(だれが)、When(いつ)、Where(どこで)、What(何を)、Why(なぜ)、How(どのように)・・・・の5W1Hをきちっと押さえる。


5)主張点には根拠を示す。詳細は、必要なら添付資料で説明する。




■ホーライ・ブックセンター
http://astore.amazon.co.jp/horai46-22


■架空の製薬会社「ホーライ製薬」
http://www.geocities.jp/horai_seiyaku/


■ショッピングサイト横断「ホーライ総合ショッピングモール」
http://ichiba.geocities.jp/horai_shopping_moll/


■お奨めビジネスグッズ・ツール・情報等(ブログ版)
http://horai-biz-goods.seesaa.net/


■ホーライ総合情報・サービスショップ(ブログ版)
http://horai-shop.seesaa.net/



posted by ホーライ at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススキル(初心者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わかりやすい文書のコツ

1 全体から部分へ

2 テーマ(話の目的)を明示

3 相手の言葉、レベルで書く

4 技術の細部は技術資料で

5 イメージで分かるように;例題の引用、イラスト、写真の利用

6 感情(ハート)にも訴えかける

7 構成をスッキリと

8 論理の飛躍がないこと

9 競合するものとの比較を説明

10 従来法の問題点はどこにあるのか

11 従来の問題をどのように解決したか


-------------------------------------------

<解 説>


“分かりやすさ”を出すためには、文章の構成上の配慮と表現上の工夫が必要である。


<ポイント>

1)書き初めで全体を説明、背景を描いてから、詳細の説明に移っていく。

3)誰が読むのか? 専門家か、しろうとか? 特に用語に注意。

4)技術の詳細まで盛り込んだカタログがよくあるが、これは技術屋の知識欲を満たすのにはよいが、使う側の立場にとっては、非常に読みにくい。詳細については、読む必要のある人が読むことのできるように、別紙にすべきである。

6)好きにさせる説得力があるか? センスを感じさせる内容か?

7)例;従来の問題点、原因、解決法、具体的手順、結論。

8)特に主張点に関して論理の飛躍がないか?

9)特長は何か?



ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」

ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)

ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)
  
架空の製薬会社「ホーライ製薬」

posted by ホーライ at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススキル(初心者用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。